PR

地方 地方

東京五輪は海外選手の家族らと応援 埼玉県がホストファミリー募集

Messenger

 県は2020年東京五輪・パラリンピックに出場する海外選手の家族や大会関係者をゲストとして迎える「埼玉県版ホームステイ(仮称)」の募集を始めた。県内在住の家庭にゲストを受け入れてもらい、家族全員で一緒に選手を応援し、県内の観光地を紹介するなどして異文化交流を深めてもらう。募集の締め切りは11月30日まで。

 ホストファミリーの受け入れ期間は2020年7月20日~9月11日まで。1家庭1回当たりの受け入れ人数は1~3人で、宿泊数は最大3泊を予定している。ゲストが母国語しか話せない場合は、県が指さし会話集の提供や通訳アプリの紹介などでサポートする。

 募集条件は、単身世帯でないことや、食事の提供や宿泊用に部屋を提供できることに加え、五輪やパラリンピック後も県のホームステイ事業に協力してもらうことなどとなっている。条件が合致した場合に登録される。来年1月以降、ホストファミリー登録者を対象に研修会を実施し、テーマ別研修会も行う。ゲスト決定から受け入れまでの手続きは研修会で案内する。県オリンピック・パラリンピック課は「ホストが最終的に決まるのは大会直前になる」としている。登録者が多数の場合は、ホストファミリーに選ばれない可能性もあるという。

 応募方法は所定の申込書に記入の上、公益財団法人「県国際交流協会」に郵送かFAX送信。申込書は県のホームページ(http://www.pref.saitama.lg.jp/oly-para/index.html)からダウンロード。問い合わせは、同協会(電)048・833・2992。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ