PR

地方 地方

「スマスイにひまわり咲いてん!」 ライトアップや映像投影し盛り上げ夏季限定イベント

宇宙やイルカ、花火などの映像が投影されるプロジェクションマッピング =神戸市須磨区
Messenger

 夏の終わりが近づくなか、神戸市立須磨海浜水族園は、来園者に夏気分を満喫してもらおうと夏季限定イベント「スマスイにひまわり咲いてん!」を開催している。ヒマワリが植えられた広場のライトアップや、海の生き物や花火をイメージした映像を投影する「プロジェクションマッピング」で園内を盛り上げている。開園時間も午後10時まで延長し、普段とは違う生物の姿も楽しめる。9月2日まで。

 夏季限定イベントは平成28年から毎年テーマを変えて実施している。今年はヒマワリをテーマに、園内の広場に1500本以上のヒマワリを植え、午後5時からライトアップ。エントランスホールの大水槽の壁面では、花火や宇宙、クジラなどのプロジェクションマッピングを行っている。

 また、ピラルクやアロワナなど南米アマゾン川流域に生息する生物を展示するアマゾン館では、午後6時から照明をブルーライトに切り替え、夜のアマゾンを演出している。

 家族で訪れた同市長田区の小学1年、田中歩美ちゃん(6)は「花火やクジラ(の映像)がきれいだった」と笑顔で話した。

 午前9時~午後10時。入園料は18歳以上1300円、15~17歳800円、小中学生500円。問い合わせは同園(電)078・731・7301。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ