産経ニュース

安中市の市有11施設で不適合ブロック塀

地方 地方

記事詳細

更新


安中市の市有11施設で不適合ブロック塀

 安中市は22日、大阪北部地震を受けて実施した学校施設外の市有施設ブロック塀の点検結果を公表した。公民館や体育館などブロック塀のある41施設のうち11施設で、ぐらつきやひび割れなど建築基準法上の不適合が見つかり、緊急の対応が必要と判断した。中には、民有地と一体となった塀や境界が確認されていないケースもあったという。

 市は9月4日の市議会全員協議会で詳細な状況や具体的な対応策を報告する予定。茂木英子市長は「今年度中に対応工事に着手するよう指示した」と話した。

 市教育委員会によると、学校施設では、小学校6校でプールの周りのブロック塀など(全長161メートル)で不適合が明らかになった。小中学校の通学路では、各校の目視による調査の結果、30カ所でブロック塀の倒壊や倒木などの危険性が確認されている。