PR

地方 地方

ロビー・フェア、下野市文化協会員の力作100点超 栃木

石粉粘土造形の「ラペリスフラワー」も展示されている=20日、下野市役所(松沢真美撮影)
Messenger

 下野市文化協会の会員の作品を一堂に展示するロビー・フェアが栃木県の下野市役所で開かれている。26日まで。

 同協会は結成から12年。文芸や舞踊、邦楽、茶華道など16の専門部に65団体が所属している。部門ごとに活動を発表する場を設けているが、作品展示に関わる部門が一堂に会して発表するのは初めて。多くの人に見てもらおうと、市庁舎ロビーを会場に短歌、書道、絵画など5部門9団体と個人会員が100点以上の力作を展示している。

 20日の開会式で同協会の中川賢一会長は「市庁舎を活用し、多くの人に見てもらいたい」とあいさつ。民話美寿々会しもつけ支部代表の桜井千枝子さんが民話語りを披露し、市庁舎来訪者らが聞き入っていた。

 最終日の26日は、午前1時から市立南河内第二中学校吹奏楽部がフィナーレコンサートを開く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ