PR

地方 地方

蒲生君平の生誕250年で記念式典 栃木

Messenger

 「寛政の三奇人」の一人で、宇都宮出身の江戸時代後期の儒学者、蒲生君平(がもう・くんぺい)(1768~1813年)の生誕250年を記念する式典が20日、県総合文化センター(宇都宮市本町)で開かれた。年間を通して実施されている記念事業の一環で、福田富一知事らが出席し、君平の功績をたたえた。

 歴代天皇陵を調査した「山陵志(さんりょうし)」で「前方後円墳」の用語を生み出し、儒学、考古学で多彩な功績がある君平にちなみ、古墳の環境整備に携わった団体・個人を表彰。侍塚古墳松守会(しょうしゅかい)(平野精一会長)、瓦塚古墳群愛護会(駒場伸一会長)、塚山古墳(宇都宮市)の環境整備活動を続けた今泉淳さんが表彰を受けた。

 また、「君平文化の集い」も開かれ、21日も「古墳好きの集い」が開かれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ