PR

地方 地方

「イン」に続け「アウトバウンド」増へ知恵絞る 福岡市、海外旅行増に注力

Messenger

 ■航空路線、九州誘致の武器に

 福岡市が、福岡空港などを利用して九州から出国する海外旅行(アウトバウンド)の増加へ、知恵を絞り始めた。これまで訪日旅行(インバウンド)誘致に注力してきたが、中国発のクルーズ客の先行きが不透明なことから、出国者を増やして、航空路線の誘致などの武器とする。インとアウトの両輪で、国際的に「選ばれる都市」の地位を目指す。 (中村雅和)

 7月30日、福岡市役所で「アウトバウンド検討会」の初会合が開かれた。市主催の会合には、旅行会社や航空会社の担当者や、大学教授らが集まった。

 参加者はそれぞれ、海外渡航を促す取り組みを紹介した。今後、9月までに計3回の会議を開き、アウトバウンドの増加策をまとめる。特に若者向けの対策に力を入れる。

 検討会発足の背景には、インバウンドの変調がある。

 福岡空港から入国する外国人数は、格安航空会社(LCC)の増加などが後押しし、平成29年は221万人と、24年(56万人)の約4倍に達した。

 しかし、クルーズ船の寄港数に異変が生じた。

 30年上半期(1~6月)、博多港へのクルーズ船寄港数は125回で、前年同期の159回から2割も減少した。博多港だけではない。九州全体の寄港数も、約460回と同期比15%減少した。

 主に中国において、クルーズ旅行の低価格競争が激化した。この結果、収益が悪化し、船会社が減便に舵を切ったという。

 クルーズ船に限らず、インバウンド市場の動向は、日本側の努力ではどうにもならない部分も大きい。

 加えて、日本人の出国伸び悩みも九州の課題だ。

 法務省の統計によると、福岡空港からの日本人出国者は24年は92万人だったが、29年は88万人に減少した。この間、全国の出国者合計は増加傾向にある。

 インバウンドの増加がままならず、アウトバウンドも減れば、旅行業界での九州の存在感は薄れる。

 反対にアウトバウンドが安定していれば、海外の政情・経済不安によるインバウンドの激減の影響を小さくできる。

 ■67路線へ拡充計画

 来春の民営化後、福岡空港を運営する福岡エアポートHDグループは、アジア発着便を中心に、路線の誘致を掲げる。現在の国際線18路線を、将来的に67路線へと拡充する計画だ。

 この計画の達成に、日本人出国者の増加が大きな鍵を握る。

 福岡市空港企画課の真子嘉透係長は「搭乗率などの数字が、新規路線誘致の成否を左右する。そこでアウトバウンドを増やす意味がある」と語った。

 空港だけでなく、海路でもアウトバウンド増に動く。

 福岡市は今年1月、中国・上海のクルーズ船ターミナル運営会社と連携強化の覚書を締結した。

 その結果、9月以降年内に7回、博多港発のクルーズツアーが決まった。福岡におけるアウトバウンド需要を調査する。

 ■仮想現実も活用

 福岡市の動きと歩調を合わせるように、民間も日本人の海外旅行を増やそうとする。

 JTBは今月20日、福岡・天神でVR(仮想現実)を活用した旅行案内サービスを、報道関係者に公開した。同サービスは全国に先駆けて、九州にあるJTB12店で導入された。

 ゴーグルのような専用端末をのぞき込むと、海外の有名ホテルの客室を体験できる。システムは、VRを活用した不動産内見サービスを手がけるナーブ(東京)が開発した。

 現在、インドネシアなど海外85ホテル400室が対応する。将来的にホテルだけでなく、マリンスポーツなどのアクティビティ(遊び)も体感できるように改良するという。

 JTB個人事業本部の松尾俊裕・天神博多エリア長は「九州は、全国的に出国率が低い。さまざまな取り組みで、特に初めて海外旅行されるお客さまに、魅力をPRし、1件でも多くの成約につなげたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ