PR

地方 地方

神戸・官兵衛神社のご神体「珪化木」 234年ぶり里帰りを報告

職隆の墓所前で珪化木の里帰りを報告する神職=姫路市飾磨区妻鹿
Messenger

 姫路ゆかりの戦国武将、黒田官兵衛の父、職隆(ともたか)の墓所から江戸時代に掘り出され、九州・福岡の寺院に保管されていた宝物「珪化木(けいかぼく)」が234年ぶりに里帰りしたことを報告する神事が19日、姫路市飾磨区妻鹿にある職隆の墓所で営まれた。住民らが珪化木を輿(こし)でかついで地区内を練り歩き、お披露目では約200人の見学者でにぎわった。

 職隆は播磨の小寺氏に仕えて頭角を現し、息子の官兵衛が豊臣秀吉の軍師として活躍する土台を築いた人物。里帰りした珪化木は、江戸時代の天明3(1783)年、姫路にある職隆の墓所から掘り出されたもので、翌年、福岡の大長寺に移されていた。

 来年春、境内に官兵衛神社の建立を予定している広峯神社(姫路市広嶺山)の関係者や「播磨の黒田武士顕彰会」のメンバーらが、大長寺に職隆ゆかりの珪化木が現存していることを知り、官兵衛神社の「ご神体」として珪化木の譲渡を打診。大長寺側が快諾したことで234年ぶりの里帰りが実現した。

 神事では、妻鹿地区のシンボルカラーである朱色のはちまきが巻かれた珪化木が墓所に置かれ、神職が霊前に里帰りを報告。その後、住民らが重さ約80キロの珪化木を木製の輿に乗せて練り歩き、10分かけてお披露目場所の広場に運んだ。

 顕彰会会長の山下博文さん(74)は「もとあった場所に迎えることができて感無量。地元の人々にも黒田家とのゆかりを感じてもらえれば」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ