PR

地方 地方

先人の人物像や功績など楽しみながら 「幕末明治ふくい検定」HPを県が開設

Messenger

 幕末明治150年を記念して福井の先人の人物像や功績、産業などの歴史を知ってもらおう-と県は、歴史クイズのホームページ(HP)「幕末明治ふくい検定」を開設した。サイト上で問題数・時間無制限のお試し検定「トライアイル検定」もあり、若い人たちにも気軽に楽しんでもらいたいとしている。

 検定では初級、中級、上級ごとに三択の30問を出題。制限時間30分で解答する。正答率8割以上が「合格」で、合格証はないが記念品プレゼントへの応募ができる。抽選で県産品が50人に当たる。

 初級と中級の第1回検定を今月31日まで、上級を加えた第2回検定を10月1~31日に行う。問題総数は初級、上級各125問で、中級は初級と上級の問題が出る。例題として初級では「明治期に実業家の増永五左エ門が生産の基礎を築いた現在の特産品は何」、上級では「松平春嶽の業績などをまとめた『昨夢(さくむ)紀事』「再夢紀事」を著した人物は誰」などがある。公式検定は、受検前にサイト上でメールアドレスとパスワードの登録が必要だ。

 検定は「幕末明治福井150年博」を開催している実行委員会が企画。クイズ作家が作成、県立歴史博物館などが内容を確認した。

 県文化振興課の担当者は「小学高学年から80代の高齢者までさまざまな人たちに楽しみながら学んでほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ