産経ニュース

山頂目指し60人競う 大田原・御亭山TT

地方 地方

記事詳細

更新


山頂目指し60人競う 大田原・御亭山TT

 「こてやん」の愛称で自転車愛好者らに親しまれている御亭山(こてやさん)の登山道(大田原市北滝など)で18日、参加型自転車レースイベント「御亭山(こてやん)TT」が開かれ、60人が出場した。タイムを競うタイムトライアル(TT)形式で山岳コースを舞台にした「ヒルクライムレース」で、大田原市などでつくる実行委員会が地域活性化を目的に地方創生交付金事業として初開催した。

 平均斜度7%、最大斜度10%の坂を駆け上がるレース。第1ヒートが御亭山西側から山頂まで5・2キロ、標高差338メートル、第2ヒートは東側から山頂に向かう1・8キロ、同160メートル。9のカテゴリー(部門)で競い、練習コースとしている自転車ロードレースのプロチーム、那須ブラーゼンの選手も参加した。第1ヒートは1分間隔で5人前後がスタートし、タイムを計測。出場者は山頂を目指して一気に駆け上がった。

 合計タイムで競うカテゴリー「エキスパート」(高校生以上)は那須塩原市の本多泰旭(やすあき)さんが20分58秒で優勝を飾った。