PR

地方 地方

【夏の甲子園】強打封じられ木更津総合散る

Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第13日の17日、木更津総合(東千葉)は第3試合で下関国際(山口)と対戦した。再三、得点の好機をつかみながらも生かせず、1-4で敗れた。(久保まりな)

                   ◇

 2点を追う三回、木更津総合は2死から1番・東の本塁打で1点を返す。東は2試合連続の本塁打で、「まっすぐを狙っていた。一気に振り抜いた」と振り返る。

 続く四回には、3番・山中、4番・野尻の連続安打に相手の失策などを絡めて無死二、三塁の好機を作る。しかし、後が続かず得点できない。その後も毎回のように得点圏に走者を進めるものの、相手堅守に阻まれる。3点を追う九回には、1死から代打・冨島が中前安打で出塁したが、最後は併殺に仕留められた。

 7回2失点と力投した根本は、「(捕手は)良い配球をしてくれていたのに、それに応えられなかった」と二回の2点を悔やみ、最後の打者となった東は「来年、後輩たちに頑張ってもらいたい」と託した。

                   ◇

 木更津総合・五島卓道監督「根本のピッチングは良かった。ある程度失点は覚悟していたが、点を取れなかったのが痛かった」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ