産経ニュース

【日本高校ダンス部選手権】スモールクラス 百合丘、会場圧倒 神奈川3校に大きな拍手

地方 地方

記事詳細

更新

【日本高校ダンス部選手権】
スモールクラス 百合丘、会場圧倒 神奈川3校に大きな拍手

 横浜市のパシフィコ横浜で16日に開催された「第11回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のスモールクラス(2~12人)は、県内から3校出場したが、いずれも入賞はならなかった。

 8年連続8回目の舞台となった県立百合丘は、重低音やラップなど、激しい曲調に合わせてダイナミックなダンスを披露。女性歌手の曲も交え、キャプテンの3年、山本日菜詩(ひなた)さん(18)は「男性と女性の強さを別々に表現した」といい、パワーあふれるダンスは会場を圧倒した。

 一方で、2年連続2回目の県立上鶴間は、紫色のトレーナーに黄色のズボン姿で登場。「外国の壊れたおもちゃ」をテーマに、はじけるように飛び跳ねながら舞台入り。ノリを重視した躍動感あふれる動きから、後半はクールなダンスへ移行した。キャプテンの2年、オビマリアさん(17)は「踊っていてとにかく楽しかった」と笑顔で話した。

 2年連続2回目の県立大和南は、真っ赤なシャツと黒のベストに身を包み、情熱的なロックダンスを披露。陽気な音楽に乗せたキレのある軽快なステップで、観客からは大きな拍手が送られた。

                   ◇

 主催 産経新聞社、ストリートダンス協会

 共催 関西テレビ放送

 後援 スポーツ庁、全国高等学校体育連盟ほか

 特別協賛 エースコック

 協賛 大塚ホールディングス、ジョンソン・エンド・ジョンソンほか

 運営統括 ブルースプラッシュ