産経ニュース

米横須賀基地で大麻を譲り渡す 軍人家族ら書類送検

地方 地方

記事詳細

更新


米横須賀基地で大麻を譲り渡す 軍人家族ら書類送検

 米海軍横須賀基地(横須賀市)内で大麻を譲り渡したり、所持したりしていたとして、県警が大麻取締法違反容疑で、いずれも米国籍の男子大学生(18)と男子高校生5人の計6人を書類送検していたことが捜査関係者への取材で分かった。いずれも米軍人や米軍属の家族という。

 捜査関係者によると、大学生の書類送検容疑は昨年9月下旬、基地内で、男子高校生に乾燥大麻数グラムを譲り渡した疑いが持たれている。容疑を認めている。書類送検は今月1日付。高校生5人は昨年10月に乾燥大麻約2グラムを所持していた疑いで、今年6月に書類送検された。5人は基地内の高校に通っており、大学生も同じ高校出身だった。

 県警は海軍犯罪捜査局から通報を受け捜査していた。同基地では配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員だった男性海軍兵が、カナダから合成麻薬を密輸したとして麻薬取締法違反の疑いで、今年5月に書類送検された。