PR

地方 地方

県内各地で戦没者への祈り 終戦の日、長野県庁でも黙祷

Messenger

 終戦から73年を迎えた15日、戦没者らの霊を慰める追悼の祈りが県内各地でささげられた。県庁では、正午の時報に合わせ、職員らが1分間の黙祷(もくとう)を行い、戦地や空襲で命を落とした犠牲者らに思いを寄せた。

 平成の時代では最後となった鎮魂の祈りは、政府主催の全国戦没者追悼式に合わせて行われ、庁内全体が静寂に包まれた。黙祷を終え、職員の一人は「あの戦争があったからこそ、現在の日本があることを忘れてならない」と語り、県民の平穏な生活の維持に尽くすと誓っていた。

 松本市あがたの森公園では、同市など主催の平和祈念式典が行われ、市民約800人が参加。詩の朗読や長崎市の被爆者が体験を語るなどし、平和の大切さをかみしめていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ