PR

地方 地方

【夏の甲子園】横浜、集中打で関門突破

Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第10日の14日、南神奈川代表の横浜は第3試合で花咲徳栄(はなさきとくはる)(北埼玉)と対戦。中盤のリードを守り切り、昨夏の覇者を下した。3回戦は大会第13日の第2試合で金足農(秋田)と激突する。 (久保まりな)

 横浜は初回、先制を許す。しかし三回、先頭の及川が四球で出塁すると、2死二塁から河原木の左前適時打で同点に追いつく。

 四回には先頭の内海が「自分が出てやろうと思った」と左中間二塁打を放ち、無死二塁の好機をつくると、続く角田の左前適時打で勝ち越す。その後も打線がつながり、この回打者一巡の猛攻で一挙6得点。六回にも1点を加え、リードを7点に広げる。

 8-4で迎えた九回。押し出し死球などで2点差に詰め寄られ、なおもサヨナラのピンチに陥ったが、最後は八回途中から継投した黒須が三振に切って取った。踏ん張りを見せた黒須は「雰囲気に押されたら負けだと思った」と振り返り、「次は力まないように投げたい」と気持ちを切り替えていた。

 ○横浜・平田徹監督「(花咲徳栄の)粘りに敬意を表したい。昨年の優勝校に、苦しい展開を経て勝てたことは、大いなる収穫だ」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ