PR

地方 地方

【夏の甲子園】学ラン姿で常葉大菊川ナイン鼓舞 

Messenger

 常葉大菊川の応援席では、学ラン姿の女子生徒ら応援部員が華麗な振り付けとともに力強い声援を送り、球場に駆けつけた学校関係者約400人の応援を最前列で引っ張った。

 同部の女子部員は12人いる。甲子園は初めてという3年生、後藤雛香(ひなか)さん(18)は「夢の舞台だった」と目を輝かせる。「頑張ってほしい」との願いを込め、吹奏楽部の演奏に合わせて腕を振り続けた。

 「応援の醍醐味(だいごみ)は、試合の流れを変えられること」と話すのは同じく3年生、松井優奈さん(17)。三回、先制の場面では飛び上がって仲間と喜んだ。

 猛暑のため、試合途中でTシャツに“衣替え”した女子部員たち。それでも応援の熱は変わらず、松井さんは「私たちにとっても最後の夏。全力で応援したい」とナインを鼓舞していた。 (久保まりな)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ