PR

地方 地方

大和市立病院、筋弛緩剤50ミリグラムを紛失

Messenger

 大和市立病院は、毒薬指定されている麻酔用の筋弛緩剤「ロクロニウム」を紛失したと発表した。瓶1本分に当たる50ミリグラムで、誤廃棄の可能性が高い。成人3人分の致死量に相当する。

 病院によると、1日午後2時ごろ、看護師が手術のために保管庫からロクロニウムの瓶2本を持ち出し、約15分後に手術室で確認したところ、うち1本が空だった。

 瓶には使用済みの表示があったことから、注射器で薬剤を抜き取り、空になった瓶を保管庫に戻していた可能性があるという。薬剤は使わずに注射器ごと廃棄したとみられる。病院は県と大和署に紛失を届け出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ