PR

地方 地方

【夏の甲子園】沖学園、粘り及ばず

Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第9日の13日、沖学園(南福岡)は第1試合で春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)と対戦。強豪相手に勝ち越されてもすぐに追い付く粘りをみせたが、中盤以降に突き放され、4-10で敗れた。

 沖学園は二回、4番吉村の左翼線への二塁打と7番沖島の右前打で2死一、三塁とし、相手投手の暴投で1点を先制。1-2と逆転された五回、6番森島がソロ本塁打を放ち同点。1点を勝ち越された直後の六回、2死二塁の場面で吉村の中前適時打で追い付く。「足を高く上げないという監督のアドバイスを意識し、ボールを引きつけられた」と吉村は振り返った。

 五回、先発の石橋からエース斉藤に継投したが、同点の六回に相手の連打と失策も絡み4点を失う。「追い付いてもらったのに抑えられず申し訳なかった」と悔やんだ。それでも5点差を追う八回、主将阿部がソロ本塁打を放ち意地を見せる。「完璧な当たりで気持ちよかった。強豪相手によい試合ができたのは一生の財産になる」と胸を張った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ