PR

地方 地方

【夏の甲子園】佐久長聖、追い上げ届かず

Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会第9日の13日、佐久長聖は第2試合で高岡商(富山)との2回戦に臨んだが4-5で惜敗した。序盤に先制され、最終回も懸命の追い上げを見せたが、あと一歩及ばなかった。 (吉沢智美)

 初回に満塁の好機を逸した直後の一、二回に計3点を奪われた。この悪い流れの中で三回表、無死一、三塁で二ゴロの間に三走・上田が生還し、1点を返す。

 さらに4点差とされ、迎えた六回表、無死二、三塁の好機で「何としても流れを変えたい」と、斎藤が狙い球の直球をはじき返し、左翼へ2点適時打を放ち追撃ののろしをあげる。

 マウンドは先発の林、小嶋、北畑が継投。四回までに5点を失ったが粘投し、五回以降は決定打を許さず無失点に抑えた。

 九回表、1死一、二塁で主将・真銅(しんどう)が打球を相手遊撃手に好捕されたが「ぜったいに後につなげる」と、一塁へ必死にヘッドスライディングし、併殺を許さない。ベンチで涙を流し声援を送る選手もいる中で、敵失も絡み1点を返したが、さらなる得点には至らなかった。

 佐久長聖・藤原弘介監督「チャンスが得点に絡まなかった。真銅はキャプテンで苦労したと思う。3年生の66名と甲子園で戦えたことを感謝している」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ