産経ニュース

栃木3市町4600人に「避難準備」 1時間120ミリ 各地で記録的大雨

地方 地方

記事詳細

更新


栃木3市町4600人に「避難準備」 1時間120ミリ 各地で記録的大雨

 県内は10日夕から夜にかけて一部地域で激しい雨が降り、記録的短時間大雨情報が相次いで発表され、宇都宮市と鹿沼市、高根沢町で計約1900世帯4600人を対象に「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された。11日午前4時すぎに全て解除。このうち約1200世帯2800人が対象となった宇都宮市では40人が避難所に避難した。

 宇都宮地方気象台によると、10日夜、レーダー解析による1時間降水量が宇都宮市や那須烏山市、高根沢町で120ミリ、さくら市で110ミリに上り、記録的な大雨となった。

 県危機管理課のまとめによると、住宅の被害も出ており、さくら市で2棟が床上浸水、同市や宇都宮市、那須烏山市で計14棟が床下浸水。宇都宮市内では冠水した市道2カ所で乗用車が立ち往生した。負傷者は確認されていない。

 交通機関やライフラインにも影響があり、県内の鉄道でも一時、運転を見合わせた区間がある。東北自動車道矢板インターチェンジ付近で冠水し、一時、車線規制。国道、県道、市町道でも冠水や付近の河川の増水などで通行止めとなった区間があるが、大半は10日深夜までに解除された。