産経ニュース

沼田市、五輪に向け国際交流員にドイツ女性採用

地方 地方

記事詳細

更新


沼田市、五輪に向け国際交流員にドイツ女性採用

 2020年東京オリンピック・パラリンピックでドイツのフェンシングチームの事前合宿地となる沼田市は9日、同国との交流を発展させるため、ドイツ人のクリスティーネ・バウアーさん(26)を国際交流員として採用し、辞令を交付した。

 バウアーさんはミュンヘン市出身。地元の大学で日本学を学び、ドイツ語、英語、日本語が話せる。日本料理文化に興味があり、趣味はジョギングと読書。

 自治体国際化協会を通じて紹介され、総務部企画課で嘱託職員として配属された。市内の小中学校の生徒にドイツ文化を紹介したり、外国からの訪問客の通訳などを担当する。「漢字に出会ったのがきっかけで日本語を学んだ。ドイツの歴史や文化を紹介したい。沼田市は自然が豊かで、尾瀬に出かけてみたい」とバウアーさんは話した。

 任期は来年8月5日までで、最長5年まで更新できる。