PR

地方 地方

豊岡・たんとう花公園でひまわりまつり開幕

ヒマワリを楽しむ入園者=豊岡市但東町
Messenger

 夏を彩る「2018たんとう ひまわりまつり」が10日、豊岡市但東町畑山のたんとう花公園で開幕した。広いヒマワリ畑(約1万2千平方メートル)には約50万本が育てられており、お盆には見頃になるとしている。

 豊岡同公園では6月にロシアヒマワリの種をまいたが、7月の豪雨やその後続いた猛暑が生育に影響したという。約1メートルまで伸びているものもあるが、花はやや小ぶりで、満開になって咲きそろうのはこれから。

 それでも、この日訪れた人たちは“太陽の花”が描く黄色と緑のコントラストの間を思い思いに散策。大阪府堺市から来た会社員、宮崎弘さん(60)と妻、朋子さん(56)は「花は小さかったけど、かわいい。周りの風景もきれいなのですてきですね」とカメラを向けていた。

 入園料300円(中学生以下無料)で、17日頃までの予定。花は摘んで持ち帰れる。また、糖度が高いホワイトコーンのもぎ取りもできる。1本300円。問い合わせは但東シルクロード観光協会(電)0796・54・0500。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ