産経ニュース

幸福度日本一「福井」を映像でPR 県庁に投影

地方 地方

記事詳細

更新


幸福度日本一「福井」を映像でPR 県庁に投影

 お盆期間中に県民や帰省客らに「幸福度日本一ふくい」をPRするため県は12~14日の夜、県庁舎正面の壁面に映像を投影するプロジェクションマッピングイベント「FUKUI HAPPY NIGHT」を開催する。福井国体・全国障害者スポーツ大会(国体・障スポ)期間中に県庁壁面を使って行うプロジェクションマッピング映像の一部を先行上映。「県庁前ひろば納涼祭」も開く。

 国体・障スポ期間中の9月30日~10月15日(同12、13日除く)に行うプロジェクションマッピングでは、午後7時から「幸福度日本一ふくいの魅力」と「幕末明治福井150年博」をテーマにした映像各約5分を壁面全体に投影する。大学など4校の学生が制作した映像作品も上映する。

 今回のイベントは午後6時~8時半に行われ、プロジェクションマッピング映像は同7時半開始。会場では地元のグルメやゲームなどが楽しめる縁日のほか、国体・障スポのダンス「はぴねすダンス」や、ダンスソング作詩・作曲担当の石田公代さんらの音楽グループなどのステージショーがある。当日、浴衣で来場した人はグルメ割引券やゲーム参加券がもらえる。

 県地域交流推進課担当者は「気軽に来て楽しめる催しになる」としている。