産経ニュース

聴導犬や介助犬の活躍する姿に拍手 京王プラザでイベント

地方 地方

記事詳細

更新


聴導犬や介助犬の活躍する姿に拍手 京王プラザでイベント

 京王プラザホテル(新宿区)は9日、障害者の支援を目的とした「ボランティアプラザ」を同ホテル内で開催した。イベントは平成16年から開かれており、今年で15回目。

 障害者も楽しめるスポーツ「ボッチャ」の体験ゲーム、同ホテルの職員や京王電鉄職員らが行う障害者へのサポート体験会などを行った。

 盲導犬や聴導犬、介助犬の働きぶりの紹介では、聴導犬が目覚まし時計のベルで飼い主を起こしたり、介助犬が飼い主の落としたコインを器用に拾うと会場から大きな拍手が起きた。

 また、チャリティーランチやバザーを実施した。収益金は日本赤十字社などに寄付される。

 同ホテルでは昭和63年のリハビリテーション世界会議開催をきっかけに、障害者向けのサービスを展開している。