PR

地方 地方

日本の自然を描く全国公募展が開幕 上野の森美術館

Messenger

 風景や人物、静物など身近なものを対象にした絵画の全国公募展「第31回日本の自然を描く展」(フジサンケイグループなど主催、JR東日本協賛)が9日、台東区上野公園の上野の森美術館で開幕した。28日まで。

 油絵、日本画、水彩画など合計4115点の応募があり、入賞210点を含む2533点が入選。上野精養軒で表彰式と懇親会が行われ、入賞者ら約300人が喜びを分かち合った。

 「空が暗くなり、風強く吹いて突然大粒の雨が…」で産経新聞社賞(自由部門)を受賞した丸谷富士さん(82)は「突然の雨の怖さとともに、降った後の太陽の光の美しさを表現したかった」と作品に対する思いを語った。入場料は大人500円、高校・大学生300円など。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ