PR

地方 地方

「久居梨」今年は甘み強く 津市のJAで品評会

Messenger

 津市久居地区特産の「久居梨」の出荷が始まり、JA三重中央久居支店で8日、品評会が行われた。同地区の栽培農家から28点が出品され、糖度や食味などを審査。担当者によると「台風の影響で収穫量は3~4割減ってしまったが、甘みの強い梨が育った」という。

 完熟した状態で収穫する久居梨は甘みと豊富な水分が特長。今年は例年に比べて雨が少なかったため、糖度が12度後半の甘い梨が多く育った。

 品評会では、県中央農業改良普及センターの職員ら4人が糖度を計測し、味わいなどを審査して上位3点を選出。さらに隣接する直売所「産直ひろば」の来店客に試食してもらい入賞者を決めた。

 同地区では明治後半から梨栽培が続き、現在は45軒の農家が約22ヘクタールで栽培している。今月下旬頃まで「幸水」、その後9月中頃まで「豊水」を収穫し、主に地域の直売所で販売する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ