PR

地方 地方

【甲信越静 夏の立ち寄りどころ】「願成就院」(伊豆の国市) 源頼朝旗揚げの地 国宝仏5体が見守る名刹

5体の国宝仏が祀られている願成就院の大御堂=16日、伊豆の国市寺家の願成就院(吉沢智美撮影)
Messenger

 伊豆の国市寺家の国道136号から少し入った閑静な住宅街の中に、突如、荘厳な門構えが現れる。鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」によると文治5(1189)年に建立されたという名刹(めいさつ)、願成就院だ。

                   

 ◆展示会で一躍脚光

 門をくぐり、正面に待ち受ける大御堂へ向かうために石畳を歩く。人々が足を運ぶお目当ては大御堂にある5体の国宝仏。作者は東大寺(奈良)の金剛力士像に携わった仏師として有名な運慶だ。

 「上野で見てまた見たいと思って来ました」。鎌倉から訪れた夫婦がこう話すように、平成29年、東京・上野の東京国立博物館で開催された「運慶」展に同院の毘沙門天像が登場したことが同院の知名度を一気に高め、参拝者を増やした。大御堂の引き戸を開けると冷房とはまた違う、りんとした空気を感じる。

 仏像は時代によって流行がある。平安時代には貴族たちの好みにあわせ、柔和で優しげな仏像がはやった。仏師・定朝(じょうちょう)作の平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都)の阿弥陀如来坐像などが有名で「定朝様」と呼ばれた。その流れに新風を巻き起こしたのが運慶だ。貴族から武士に権力が移行し始めた時代、一転して躍動感のある仏像が好まれ、たくましい姿や玉眼がはめ込まれるなどの特徴を持つ「運慶様式」が主流となる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ