PR

地方 地方

柏市長会見抄録 ふるさと納税は本来の姿に

Messenger

 【ふるさと納税】

 秋山浩保市長「柏市ではふるさと納税事業で平成29年10月から、1万円以上を寄付した市外在住者に返礼品を贈呈している。ふるさと納税の受け入れ状況は28年度の136件が、29年度は1584件になった。30年度は4~6月の3カ月間だけで422件、金額では1194万4509円になっている」

 「返礼品提供の協力事業者も事業開始当初は38業者だったが、6月末現在で72業者に増え、返礼品は318品目になった。30年度の返礼品ベスト3は1位が羽毛布団、2位がパスタ、3位が梨となっていて、返礼品が目的の納税が多いのが実情だ。柏を応援しようと納税してくれる、ふるさと納税の本来の姿にする必要があり、PRに努める」

 【承徳市訪問】

 「姉妹友好都市となって35周年を迎えた中国・承徳市を7月16~19日に訪問した。訪問は30周年の時にできず、今回実現したものだ」

 --訪問が公表されていなかったが、情報公開に問題はなかったか

 「従来も公表していなかったので、今回もそうしたが、税金を使った訪問を公表していなかったのは問題があると考える。通常の市長の行動予定も含め今後は公表するようにする」

  (7月30日の定例会見)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ