産経ニュース

おときさん「世代超え来場を」 来月8日から高崎音楽祭

地方 地方

記事詳細

更新


おときさん「世代超え来場を」 来月8日から高崎音楽祭

 “音楽のある街・高崎”を象徴する秋の風物詩、高崎音楽祭が9月8日から群馬音楽センターをメイン会場に繰り広げられる。8日には同祭に参加する歌手の加藤登紀子さん(74)が高崎市役所で会見し、来場を呼びかけた。

 加藤さんが参加するのは17日の「加藤登紀子プロデュース・コンサート ジブリソングを歌う」。加藤さんはスタジオジブリ映画「紅の豚」のヒロイン、マダム・ジーナの声を担当、エンディングテーマの「時には昔の話を」を送り出すなど縁が深い。

 コンサートでは女優の夏木マリさんとタレントの中川翔子さんをゲストに招き、「時には…」をはじめ「テルーの唄」や「さくらんぼの実る頃」などのジブリ作品の楽曲を豪華に歌い上げる。加藤さんは「ジブリ作品は、いい時代でなくてもすばらしく生きようとする人がいることを伝えている。コンサートには世代を超えて来てほしい」と話している。

 音楽祭は9月29日まで。加藤さんのコンサートのほか、ゴスペラーズビッグバンドコンサート(8、9日)▽上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録記念 多胡碑 羊太夫の燈火(14日)▽大友直人指揮 群馬交響楽団プレミアムシンフォニックコンサート(15日)▽スペシャルJAZZライブ 寺井尚子クインテット熱帯JAZZ楽団with渡辺真知子(27日)▽りんけんバンドコンサート(29日)-など。問い合わせは音楽祭事務局(電)027・322・9195。