PR

地方 地方

オール高崎ロケ映画「高崎グラフィティ。」、18日から先行公開

先行公開を前に見所などを語る川島直人監督と佐藤玲さん=7日、高崎市役所(椎名高志撮影)
Messenger

 昨年12月に高崎市内で撮影されたオール高崎ロケの映画「高崎グラフィティ。」が18日からシネマテークたかさきなどで先行公開される。

 映像制作会社が次代を担うクリエーターの発掘・育成を目指して立ち上げたコンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリに輝いた川島直人監督(27)の作品を映画化した。

 高校の卒業式を終えた幼なじみの男女5人が、高崎を舞台に未来への夢と不安を抱えながら新たな一歩を踏み出すまでを描いた青春群像劇。高崎フィルム・コミッションの協力作品でもあり、12日間にわたるロケでは市民エキストラ155人も参加した。

 先行公開を前に7日、川島監督と主演女優の佐藤玲(りょう)さん(26)が高崎市役所で記者会見。「5人の青春だけでなく、それを支える周りの人や地域の人たちも描かれている作品。いろいろな立場から楽しんでもらえる」などとアピールした。

 先行公開は9月14日まで。8月25日からは全国ロードショーとなる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ