PR

地方 地方

【夏の高校野球】慶応、中越に競り勝つ 「陸の王者」2死からドラマ 神奈川

【慶応-中越】一回、先制適時打を放つ慶応の5番・根岸=甲子園(水島啓輔撮影)
Messenger

 第100回全国高校野球選手権大会が5日、開幕し、慶応は第3試合で中越(新潟)と対戦、3-2で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。2回戦は大会第8日の第4試合で、山梨学院(山梨)と高知商(高知)の勝者と対戦する。

 慶応は初回、根岸が「追い込まれていたので、とにかくくらいつこうと思った」と中前に先制適時打。三回にも宮尾が出塁すると、大川が安打で続き、一ゴロの間に1点を追加した。

 2-1とリードした七回の守備で失策が絡み同点に追いつかれたが、エースの生井は「ミスを引きずらず、何とかなるという精神で思い切り投げた」と後続を断ち切り、試合の流れを渡さない。

 両チームの投手が力投し、同点のまま迎えた九回。2死から四球と安打で一、二塁の好機をつくると、宮尾が「狙っていた」という直球を強振。中前打で、二走・善波が生還するサヨナラ打となり、スタンドは歓喜でわいた。宮尾は「春の選抜では自分が打てずに負けたので、悔しさを晴らすことができてよかった」と笑顔で話した。

 ○慶応・森林貴彦監督「県大会から、終盤での接戦は慣れていたので、焦りはなかった。結果を出せてうれしい。選手もたくましくなったと感じた」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ