PR

地方 地方

【夏の高校野球】先発・西村の兄、弟たたえ 「打者に向かう良い投球」 千葉

弟の活躍に拍手を送る応援席の兄・航さん
Messenger

 三塁側の中央学院の応援席ではマウンドに立った西村の兄、航(わたる)さん(20)が熱いまなざしを送った。

 「弟の活躍は自分のことのようにうれしい」と話す航さんは元球児。2年前、山梨学院3年時に夏の甲子園大会に野手で出場した。春夏連続出場を決めた弟には大会前、「夏は雰囲気が違う。楽しんで行ってこい」と励まし、送り出した。

 県予選ではエースで主砲の大谷が負傷のため不調。西村は多くの試合でマウンドを託されチームを優勝に導き、甲子園でも初戦の先発を任された。元々は投手だった航さんは「憧れたマウンドに立てた弟が、羨(うらや)ましい」と感慨深げだった。

 この日は理想の投球ではなかったが9回を完投。打者として適時打も放った。「幼い頃から負けず嫌い。表情を変えず打者に向かう良い投球だった」。航さんは弟をたたえ、「甲子園では本当にいい経験をした。この先に生かしてほしい」とエールを送っていた。(白杉有紗)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ