産経ニュース

【長野知事選】阿部氏3選 「初心忘れず、課題に全力」

地方 地方

記事詳細

更新

【長野知事選】
阿部氏3選 「初心忘れず、課題に全力」

 知事選は5日、投開票され、無所属で現職の阿部守一氏(57)が、同新人の金井忠一氏(68)を破り、3選を果たした。選挙戦では、阿部氏の2期8年にわたる県政運営の評価が主な争点となった。阿部氏は、5党の推薦を受けるなど、厚い組織力で盤石な選挙戦を展開した。これに対し、金井氏は、阿部氏の県政運営を批判するなど、支持の底上げを図ったが、広がりに欠けた。 (太田浩信、久保まりな)

 阿部氏の開票報告会場となった長野市のホテルには、日没を見計らったように、支援者らが姿を見せはじめた。国会議員や県議、連合長野、県経営者協会など経済団体の関係者ら約200人が待ち構える中、投票が終了した午後8時過ぎ、阿部氏の「当選確実」の速報が流れると、会場は歓声に包まれ、拍手がわき起こった。

 笑顔で姿を現した阿部氏は、支援者らに深々と頭を下げ、選挙期間中の支援活動に感謝の意を示した。あいさつでは、「初心を忘れずに一人一人の県民に寄り添い、県全体が希望を持ち、安心して暮らせるよう、さまざまな課題に正面から向き合いたい」と述べ、県民本位の県政運営を推進していくとの決意を新たにした。

 阿部氏は、盤石な組織力と知名度の高さを生かし、告示後、一貫して優位な選挙戦を展開した。無党派層の取り込みを視野に、県内各地をくまなく回り、支持の底上げを図った戦略も奏功した。

 街頭演説などでは、2期8年の実績を前面に押し出すとともに、子育てなどの若者支援や産業振興、防災・減災の実現などを訴えた。

                   ◇

 阿部(あべ) 守一(しゅいち)

 57 無現〔3〕 

 知事(内閣府行政刷新会議事務局次長・横浜市副市長・副知事)東大    【自】【立】【国】【公】【社】