PR

地方 地方

2万本に感謝と祈り 和歌山・高野寺「箸供養」

Messenger

 使い終わった箸に感謝し、家内安全や健康を祈る「箸供養」が4日、和歌山市元寺町北ノ丁の高野寺で行われた。

 市料理飲食業組合が主催し、今年で12回目。この日は組合加盟店のうち約30店から集められた使用済みの箸約2万本が集められた。

 供養に先立って、同組合長の木下晴夫さん(67)が「お箸を使い、食事をすることで健康でいられる。お箸に感謝しましょう」とあいさつ。その後、阪口隆祥副住職が読経を始めると、参加者は順番に焼香をして手を合わせ、最後には全員で般若心経を唱えた。後日境内で供養された箸のおたき上げを行うという。

 同市内で焼肉店を営む得能和子さん(76)は「毎日使うお箸に『ありがとう』と思いながら祈りました」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ