産経ニュース

公園でアウトドア つくば市が実証実験 カヌーやバーベキューなど体験 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


公園でアウトドア つくば市が実証実験 カヌーやバーベキューなど体験 茨城

つくば市のつくば中央公園でカヌーを体験した五十嵐立青市長(手前)ら=3日午後、同市吾妻(篠崎理撮影) つくば市のつくば中央公園でカヌーを体験した五十嵐立青市長(手前)ら=3日午後、同市吾妻(篠崎理撮影)

 茨城県つくば市は8、9月の土日祝日に同市吾妻のつくば中央公園内で、カヌーやバーベキューなどのアウトドア体験ができる実証実験を4日から始めた。

 空洞化が指摘される同市中心市街地のまちづくりを進めるため、新たな発想でにぎわいを創出するのが狙いで、県内でアウトドアショップを展開する「ナムチェバザール」(水戸市)が協力した。

 カヌーは小学4年生以上が対象。500円で30分間体験できる。バーベキューは予約が必要で、6人まで利用できるテーブルやコンロなどが10セット用意されている。利用料金は1テーブル2千円。このほか、無料の水遊び場もある。

 3日にカヌーやバーベキューを体験したつくば市の五十嵐立青市長は「中心市街地に足を運んでもらい、さまざまな魅力を見つけてほしい」と語った。

 問い合わせはナムチェバザール(電)029・225・8848。