PR

地方 地方

京都ゆかり日本画を一堂に公開 蘭島閣美術館コレクション、京都府立堂本印象美術館特別展

Messenger

 広島県呉市にある蘭島閣美術館に収められている近現代の美術品の中から、福田平八郎や三輪良平ら昭和時代を中心に京都で活躍した作家たちが描いた作品を集めた特別展「京の日本画家が描く情景」が、京都市北区の府立堂本印象美術館で開催されている。

 蘭島美術館は、歴史と文化の薫り高い地域づくりを目指し、地域ぐるみで設立された公益財団法人が運営する美術館。収蔵品のジャンルは近現代の日本画、洋画、素描など幅広い。今回はその中から「都をどり」のポスターを手がけた三輪良平が描いた色鮮やかな「舞妓(まいこ)二人」や橋本関雪の「ふくろう」、上村松篁の「五月」など、京都出身あるいは京都に活動の場を求めた画家が描いた日本画32点を展示している。

 また、これにあわせて堂本印象が描いた花鳥・動物に焦点をあてた27点を展示。特に、銃を構えた兵隊の下で鋭い眼光で遠くをにらむ犬を描いた「霧」(昭和17年)は、印象の作品の中でも戦争をテーマにした数少ない作品のひとつだ。

 同館の担当者は「よく知られた京都ゆかりの画家の作品ながら、地元ではあまり目にする機会が少ない作品の数々を楽しんでほしい」と話している。

 9月30日まで。休刊日は月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)。入館料は一般500円、高大生400円、小中生200円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ