PR

地方 地方

富士山プロジェクト 共同開発の生地発表 10年目発会式開催 山梨

Messenger

 郡内織物の産地、富士吉田市と西桂町の織物業者と東京造形大学(東京都八王子市)が共同で生地を商品開発する「富士山(ふじやま)テキスタイルプロジェクト」の10年目の発会式が3日、富士吉田市下吉田の富士工業技術センターで開催された。

 同プロジェクトは、平成21年、織物業者が若い感性を取り入れ商品開発につなげ学生側の生地生産の技術を学ぶために始まった。発会式で学生代表の八代真穂さん(24)は「いろいろな方が関わってきた偉大なプロジェクト。その中に自分が入れてありがたい」と感謝の言葉を述べた。

 続いて学生のプレゼンテーションでは、9人の学生が、それぞれ富士吉田市、西桂町の織物業者9社と共同開発した今年の作品の内容を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ