産経ニュース

河川敷プールで涼を 香美の道の駅「あゆの里」に復活

地方 地方

記事詳細

更新


河川敷プールで涼を 香美の道の駅「あゆの里」に復活

 香美町村岡区の道の駅「あゆの里矢田川」に、手作りプールがお目見えした=写真。

 同駅そばを流れる矢田川の河川敷の一角で、長さ約45メートル、幅約5メートル、深さ約70センチ。上流から流れを引き込んだ“流水式”で、プール内には石で「アユのさと」の文字をあしらっている。

 県新温泉土木事務所が平成12年頃に河川敷を掘って整備したが、台風時の大水でプール内が土砂で埋まってしまっていた。今年7月の同駅のイベントにあわせて再度、重機で土砂を取り除いた。

 阿瀬大典駅長は「猛暑が続くので、プールで足を冷やすこともできます」と利用を呼びかけている。問い合わせは同駅(電)0796・95・1369。