PR

地方 地方

九州の今年度設備投資計画、伸び率は過去最大の29%

Messenger

 日本政策投資銀行九州支店が1日、九州の平成30年度設備投資計画を発表した。29年度の実績に比べ29・1%増の7386億円となった。比較可能な7年度以降、伸び率は最大で、2年連続で更新した。幅広い業種で伸びており、全国平均を上回った。受注増に対応するための工場増設や設備導入が寄与した。

 製造業は24・6%増で、全11業種のうち、鉄鋼を除く10業種が増やす計画だった。スマートフォン向けの半導体の生産能力増強などで「非鉄金属」が71・9%増、日用品を生産する工場を新設する「紙・パルプ」も78・1%増だった。

 一方、非製造業は33・1%増で全8業種で増加を見込む。福岡市などで不動産投資に注力する「運輸」が27・8%増。風力や木質バイオマス発電といった再生可能エネルギー関連が増える「電力」は105・2%増が見込まれている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ