PR

地方 地方

高崎の「絶メシリスト」大反響 本や番組に 総菜店も対象に20店舗増へ 群馬

絶メシリストに入った宮石青果店の新しょうが漬け
Messenger

 高崎市のローカルグルメサイト「絶メシリスト」が大きな反響を呼んでいる。「長年愛され、失うには惜しすぎる高崎のグルメの紹介」をコンセプトに、昨年9月にスタートしたサイトはこれまで150万以上のPVを獲得。今月には関連書籍、テレビ番組が相次いで登場する。対象店舗を飲食店だけではなく総菜店などにも広げ、情報発信を強化する。(椎名高志)

 ◆永久保存版

 サイトをベースとし、市内の書店などで1日発売されたグルメ本「絶メシリスト高崎」は高崎観光協会が発行人代表で、A5判、202ページ。定価は1500円。中華料理店や定食店など28店舗を掲載し、メニューや店主コメント、店のたたずまいなどが紹介され、市は「絶メシの永久保存版になる書籍」とアピールしている。

 BSフジでは3日と17日、フジテレビアナウンサーが店を取材したバラエティー番組「絶メシ!」(午後11時)が放送される。

 タレントの勝俣州和さんがMCを担当。高崎の名物・焼きまんじゅうから、福田康夫元首相が3食続けて食べに来たという黒いビーフシチューまで多彩なジャンルのグルメを紹介する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ