PR

地方 地方

“日傘男子”に埼玉知事も仲間入り 傘メーカーが県に70本贈呈

贈呈された日傘を差す上田清司知事(中央)ら=1日、県庁(川上響撮影)
Messenger

 男性の猛暑対策に一役買おうと、東レ(東京都)と傘メーカーの「オーロラ」(同)は1日、埼玉県に男性用の折り畳み日傘70本を贈呈した。

 県は男性職員の有志が昨年、「日傘男子広め隊」を結成するなど、男性が日傘を使いやすい環境づくりを推進。贈呈された日傘は県と熊谷など8市の男性職員が通勤や業務で使い、普及につなげる。

 この日、日傘を差した上田清司知事は開口一番「涼しい」と効果を実感。「男性の服装はあまり温度調整ができないので助かる。これからは『日傘の上田』で勝負していこうかな」と語った。

 「災害」といわれるほど厳しい今年の猛暑。県内でも熱中症疑いの救急搬送数は昨年に比べ倍増し、6割以上が男性だ。贈呈した日傘を使った東レによる実験結果では、体感温度が約20度も下がるデータもあったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ