産経ニュース

おいしい「すいとん」平和感じる 東京

地方 地方

記事詳細

更新


おいしい「すいとん」平和感じる 東京

 戦中戦後の食糧難の時代を支えた「すいとん」を食べて平和の尊さを考える恒例のイベントが31日、北区王子の北とぴあで開かれ、来場者が舌鼓を打っていた。

 戦中戦後のすいとんは具がほとんど入っていない汁に、水で溶いた小麦粉を入れただけで、おいしいものではなかったという。

 しかし、このイベントで提供されたのは、鶏肉や大根の入った具だくさんのもの。用意した300食は約1時間でなくなった。

 来場した区内に住む90代の女性は「昔はこんなにおいしくなかったけれど、文句など言っていられなかった。今は平和で、こんなおいしいすいとんを食べることができて幸せ」と話していた。

 イベントは区内の飲食店で働く女性の有志団体「北区おかみさん元気クラブ」が主催。会長の田中容子さんは「平和の大切さを皆さまとかみしめながら継続していきたい」としている。