PR

地方 地方

越谷市、長時間預かり保育を支援 11施設を独自認定 

Messenger

 越谷市は30日、平成31年4月から長時間の預かり保育を行う市内の私立幼稚園や認定こども園のうち、11施設を市独自の「こしがや『プラス保育』幼稚園」と認定、支援すると発表した。3歳児以上の長時間預かり先を増やすことで、子育ての環境を整備する狙い。土曜日に開園するなど保育園に近い運営をする施設には補助金を加算する仕組みも設ける。

 プラス保育の認定は、開園時間が午前8時以前~午後6時以降や、夏休みなど長期休業期間の平日に4分の3以上の開園-などを条件とした。8月8日に認定証を交付する。

 認定施設に子供を長時間預ける保護者の負担は月6500円(長期休業期間に毎日開園する施設の場合)に設定し、保育園との費用差を縮めた。市は今回の支援事業に関する予算措置として31~33年度で約1億円を計上する見込み。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ