PR

地方 地方

【高校野球北神奈川大会】慶応、「エンジョイ・ベースボール」体現

Messenger

 「夏にもう1回、甲子園に戻りたいという気持ちでやってきた。やり切った選手はすごい」。慶応の森林貴彦監督は試合後、そう言って男泣きした。春の選抜に出場も初戦敗退。昨秋、今春の県大会では東海大相模、桐光学園に敗れ、「そういうチームに勝てないと甲子園には行けないぞ」とチーム力を鍛え、今夏はいずれも撃破。悲願の18度目の出場を決めた。

 「打てないチーム」と評され続けてきた。エースの生井や渡部など投手力には定評があったが、打撃力には疑問符が。事実、昨秋決勝の東海大相模戦では完封負けを喫した。春の甲子園でも打線がつながらず初戦敗退。生井は「『この打撃で夏、勝てるのかな』と不安だった」と振り返る。

 甲子園で初戦負けし、停滞気味だったチームが復調したきっかけは今春、部員全員で行ったミーティングだった。試合に出ている選手もそうでない選手も、本音をぶつけあった。主将の下山は「みんなの熱い気持ちを知ることができた」とチームは団結。皆が同じ方向を向いて進み始めた。

 大会前、森林監督はこう語りかけた。「大会中に成長しないと、優勝はないぞ」。この言葉に呼応するかのように、チームは1試合ごとに成長した。日大高や桐蔭学園など強豪校との試合を制し、準決勝では東海大相模に雪辱。接戦を勝ち上がってきたチームはこの日も接戦に強かった。

 「こういう舞台で強いチーム相手に接戦で勝つ。これがエンジョイ・ベースボールだと思います」と語った森林監督は、力強く誓った。「甲子園でも自分たちが積み上げてきたものを出して、野球を楽しみたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ