PR

地方 地方

【小・中学校囲碁団体戦】洗足学園小が3位 「来年は優勝目指す」 神奈川

Messenger

 東京都千代田区の日本棋院で30日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の決勝トーナメント(決勝T)で、県代表の洗足学園小が堂々の3位に輝いた。

 洗足学園小は、決勝T1回戦で湯浅町立湯浅小(和歌山)を2勝1敗で破ったが、2回戦でさいたま市立下落合小(埼玉)に1勝2敗で惜敗し、決勝進出はならなかった。だが、3位決定戦で名古屋市立名東小(愛知)を2勝1敗で破った。

 主将の岡田怜大(れいた)君(4年)は「決勝Tに初めて進出できたうえ、3位になれてうれしい。来年は優勝を目指したい」と喜んだ。

 1次リーグから連勝を続けていた副将の佐藤修(しゅう)君(同)は「最後に負けてしまって残念だったが、主将と三将が勝ってくれて3位になれた」と話した。

 三将の植田英介君(同)は「決勝Tの2回戦で負けて自信を無くしかけたが、何とか立ち直って3位決定戦で勝てたのがうれしい」と笑顔を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ