PR

地方 地方

群馬で触れた「刑事魂」 山本県警本部長が離任会見

Messenger

 31日付で警察庁交通局(自動車安全運転センター総務部長)に異動する山本和毅県警本部長(53)が30日、離任会見を行い、「群馬の捜査力の底力を思い知った」と、1年4カ月の在任期間を振り返った。

 印象に残った事件として、今年1月に被疑者が検挙された、館林市の多々良川における死体遺棄事件を挙げた。「死体遺棄の公訴時効が迫るなか、強盗殺人容疑を含め被疑者を検挙できたのは大変よかった」とし、「あきらめない“刑事魂”に触れることができた」と語った。

 元県警捜査2課所属の警部補が嬬恋村の商店で現金などを盗んだとして事後強盗容疑で指名手配されている件については、「在任期間中に被疑者の発見・検挙に至らず、残念」とコメントした。

 群馬での思い出として、「赤城山や榛名山、谷川岳の雄大な自然に感銘を受けた」と話し、笑顔を浮かべた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ