産経ニュース

【高校野球西東京大会】日大対決 三高が劇的サヨナラV弾

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球西東京大会】
日大対決 三高が劇的サヨナラV弾

 第100回全国高校野球選手権記念大会西東京大会は30日、神宮球場で決勝戦が行われた。日大三と日大鶴ケ丘の「日大対決」。接戦の末、日大三が、4番大塚の劇的なサヨナラ2点本塁打で制し、5年ぶり17度目の優勝を決めた。全国大会は8月5日、甲子園球場で開幕する。

 試合は一回裏、日大三の主将で3番日置が2点本塁打を左翼席に放って先制。しかし、取り返したい日大鶴ケ丘は二回表、すぐに同点に追い付いた。

 3-3の同点で迎えた九回裏、日大三は2番木代が死球で出塁。1死から4番の大塚が、日大鶴ケ丘のエース勝又の154球目の変化球を左翼席にたたき込むサヨナラ本塁打で、甲子園出場を決めた。

 第1シードの日大三に対し、ノーシードで勝ち上がってきた日大鶴ケ丘だったが、4年ぶり4回目の甲子園出場は果たせなかった。

                   ◇

 【神宮】

 ▽決勝

 日大鶴ケ丘 020 000 100 -3

 日 大 三 200 010 002x-5

 (鶴)勝又-斎藤

 (三)中村、河村-佐藤英

 ▽本塁打=日置、大塚(三)▽二塁打=小林(鶴)、大塚(三)