PR

地方 地方

【小・中学校囲碁団体戦】静岡県勢、健闘も及ばず

Messenger

 東京都千代田区の日本棋院で29日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の全国大会で、県代表の静岡市立清水岡小と静岡市立清水飯田中は1次リーグでいずれも敗退し、30日の決勝トーナメント進出はならなかった。

 小学校の部では、清水岡小は、2連敗したものの、最後に松山市立伊台小(愛媛)に勝利し、一矢報いた。清水岡小の久保田大輝君(6年)は「とても悔しい。中学生にはもっと強い人がいるのでさらに練習したい」と唇をかんだ。

 中学校の部では、清水飯田中が2勝1敗。8強入りした浜田市立金城中(島根)に敗れた。清水飯田中の川口結希さん(3年)は「最後なので気持ちが入っていた。2勝できてよかった」と充実感をにじませた。

 大会には全国の予選大会を勝ち抜いた強豪が顔をそろえ、観戦した家族や学校関係者らは息が詰まる盤上の攻防を真剣な表情で見守った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ