PR

地方 地方

【小中学校囲碁団体戦】仙台一中、決勝T進出 三戸小や福島四小は届かず

Messenger

 東京都千代田区の日本棋院で29日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の全国大会で、宮城県代表の仙台市立第一中が1次リーグを勝ち抜き、30日の決勝トーナメント進出を決めた。

 小学校の部では、三戸町立三戸小(青森)、仙台市立国見小(宮城)、福島市立福島第四小(福島)が1勝2敗となり、洋野町立種市小(岩手)、新庄市立日新小(山形)は3敗だった。

 中学校の部では、仙台一中が3勝、盛岡市立河南中(岩手)が1勝2敗、福島市立福島第四中(福島)は3敗だった。

 大会には全国の予選大会を勝ち抜いた強豪が顔をそろえ、観戦した家族や学校関係者らは、息詰まる盤上の攻防を真剣な表情で見守った。

 決勝進出を決めた仙台一中は主将の三浦叡(とおる)さん(1年)がテンポよく打ち込むなど、鋭い攻めを展開、相手選手の長考する姿が目についた。三浦さんは「強い相手と対局できてうれしかったが、負けた試合があったことは悔いが残った」と語った。

 仙台市立国見小の小野口真(しん)君(5年)は「最初のうちはよかったが、その後からチャンスがつかめなくなった。目標の1勝ができてよかった」と、うれしそうに話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ