PR

地方 地方

【小・中学校囲碁団体戦】千葉県勢6校、善戦も一歩及ばず

Messenger

 東京都千代田区の日本棋院で29日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の全国大会で、県代表の小学校2校、中学校4校が全国の強豪相手に渾身(こんしん)の力で1次リーグを戦ったが残念ながら敗退。30日の決勝トーナメント進出はならなかった。

 出場校は、小学校の部が船橋市立八栄小▽市川市立市川小。中学校の部は柏市立柏第四中▽船橋市立八木が谷中▽渋谷教育学園幕張中▽東邦大学付属東邦中。

 29日の1次リーグでは全国の予選大会を勝ち抜いた強豪が顔をそろえるなか、県勢に熱い視線が注がれた。観戦した家族や学校関係者らは息詰まる盤上の攻防を真剣な表情で見守った。

 市川小の網谷遙斗君(6年)は「全国大会は今回が2度目だが、ますます各県の実力が上がっている。やはり『全国』はすごい。もっと強くなりたい」と対局を振り返った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ