PR

地方 地方

【文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦】5チーム決勝T進出 東京

浅間台小(右)と愛媛県代表の伊台小の対局=29日、千代田区の日本棋院(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 千代田区の日本棋院で29日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)全国大会で、都代表は小学校8チーム、中学校6チームが出場し、2連覇を狙う駒場東邦中など計5チームが30日の決勝トーナメント(T)に進出した。進出したのは小学校の部が品川区立浅間台、中学校の部が筑波大付属駒場、桐朋、駒場東邦、開成。

 都大会から好調を維持してきた浅間台小は、1回戦で全員が勝ち星をあげる順調な滑り出し。2回戦こそ2勝1敗としたが、再び全勝で3回戦を終え決勝T進出をつかんだ。6年の浜村紘求(ひろき)君は「初戦で勢いに乗れたのが勝因だと思う。決勝Tでも力を出し切りたい」と抱負を語った。

 中学校の部では昨年優勝校の駒場東邦、3位の開成など強豪ひしめく都勢の中、筑波大付属駒場が1回戦、2回戦とも全勝で勝ち進みライバルを圧倒した。

 最後に勝利してチームの決勝T進出を決めた3年の棚沢天(てん)さんは「納得いく囲碁ができた。1次リーグ突破を目標にしてきたが、やはり優勝したい」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ